リハビリ専門学校の臨床実習について

カフェの黒板

身につくスキルとは?

小さの黒板

それでは、こうした長い実習を行うことによって、作業療法士はどのようなスキルを学んでいくことになるのでしょうか。 ここでは、作業療法士の仕事内容がどのようなものなのか、どのようなスキルが求められるのかについて紹介します。 作業療法士というのは、病気や怪我などの理由によって、身体に障害を抱えてしまい、 日常的な生活に不便が発生している人のリハビリテーションを行うための仕事です。

行うのは正確には治療行為ではなく、医師の指示のもとで行われることにはなりますが、 実際にリハビリテーションを行う仕事であることには変わりません。 作業療法士の仕事は、主に日常的な動作ができるようにするためのリハビリテーションです。 どちらかというと生活に必須の動作、というよりは、生活を充実させるために必要な動作、という向きがあります。

生活に必須な動作のリハビリを行うのは、理学療法士となります。 作業療法士は例えば木工や書道、あるいは体操のような、様々な日常に彩りを加えてくれる動作ができるように患者のケアを行います。 リハビリテーションの専門学校では、こうしたことのために必要となる作業を学ぶことができます。 そして、長い実習によって、作業療法士に欠かせない忍耐力と継続力を養うことにもなります。